糖尿病が恐いので検査を受けた。日々の運動が大切

糖尿病が恐いので検査を受けた。日々の運動が大切

kosui
仕事上のおつきあいのある方で、立て続けに糖尿病と診断されていて、自分も心配になってきました。成人病検診などもしたことがないので、ちょっとインターネットとか書籍で調べてみることにしました。糖尿病のばあい、し好食品は避けた方が無難です。どうしても飲食したいばあいは、医師と相談してからにします。

 

アルコール飲料は、治療においても合併症の予防上でも悪影響があります。お酒好きにとって、糖尿病になってしまうことは、人生の楽しみのひとつを失ってしまうことになります。現代において、急増している糖尿病ですが、第二次世界大戦中は、ほとんど糖尿病の患者はいなかったそうです。しかし、戦後になってその数は急増していくことになります。

 

日本に多く見られるインスリン非依存型という糖尿病は遺伝性の病気なのです。さらに、過食、運動不足、肥満、加齢、ストレスなどが加わって発症すると考えられています。現代においての糖尿病患者の増加は、環境によるものであるといわれています。食生活の洋風化、これは過食を招きやすくなっていますし、脂肪の摂取量が増えて、カロリー過多となっているのです。

 

都市化、機械化などが進んで、車やエレベーター、エスカレーターを使うことで、体力を使う必要がなくなってきて、運動不足を引き起こしています。医療の進歩のおかげで、平均寿命があがり長生きするようになってきたことも原因といえるのです。これからは、生活に注意していきたいです。

 

糖尿病の検査