家のリビングの電気がつかなくなった。そろそろ我が家もLED

家のリビングの電気がつかなくなった。そろそろ我が家もLED

kosui
家のリビイングのメインの電灯がつかなくなりました。調べると蛍光灯がきれたみたいで、電気屋に買いにいきました。ところが、どこの電気屋を探しても家の電気に合うものは見つかりません。聞くと全般的にLED型に変わってしまっているとのこと、自宅のものにあうのはないそうです。

 

LED電球

 

量販店に行っても在庫がないとのことで、結局、発注してもらう事になりました。いつとどくかきくと1週間先になるとの事ですが、仕方がありません。型を変えるのはかまいませんが、せめてソケットには対応できるように作って欲しいものです。

 

それができないなら、勝手に基準を変えないでほしいです。と思いました。が、一方で、この文明社会の日本で、一週間も夜に電灯がつかない家なんて自宅以外にあるのだろうかと、ちょっとわくわくしています。

 

といっても、家全部の電灯がつかなくなったわけではないのでたいしたことないのですが。家族みんなリビングの電灯がつかなくなってから、夜はやめに寝るようになりました。やっぱり、人間は日とともに生活するのが、自然なんだと実感できています。光があるから、人間の生活が夜型にずれてしまっているのだと改めて発見できました。

 

電気がない生活は勘弁ですが、これぐらいならまあ良いかと思って生活しています。電灯について、今回は、メーカーに在庫が残っていましたが、今後、どうするかはちょっと悩みます。まとめ買いしておくか、ソケットごと変えるか、次きれた時に考える予定です。