あなたの体の洗い方は大丈夫?間違った体臭予防をお教えします!

goshigoshi

汗ばむ季節。汗臭さに困り、汗拭きシートやコロンなどを使ってそのいや?な臭いを、少しでも軽減させようとしている方も少なくないと思います。そして、一番やってしまうのが、毎日入浴時に体をゴシゴシ…。

確かに、体臭予防に一番効果的なのは、体の洗浄、つまり体を清潔に保つことだと言われています。しかし、その洗い方を間違ってしまうと、体臭をさらに悪化させ逆効果になってしまうのです。

日頃の生活のちょっとしたことで、体臭を軽減するさせることができたら嬉しいですよね?明日から実践間違いなしです!

体のゴシゴシ洗いは逆効果?

毎日の入浴時、ちゃんとゴシゴシ体を洗っているのになぜか体臭が気になる…ということありませんか?もしかして洗浄がまだまだたりないのかも…と思っている方、それは大間違いです!

なぜなら、間違った洗い方や過度な洗浄は、逆に体臭を強くしてしまうからです!体の洗いすぎは、体臭の悪化やワキガの原因になってしまいます。

わきが対策 | 男女のワキガ対策

では、体の過度な洗浄は体臭をつよくしてしまうのでしょうか?

健康な皮膚を作る善玉菌が洗い流されてしまう

体の表面には、善玉菌(皮膚を健やかに保つ良い菌)と、悪玉菌(体臭の原因となる悪い菌)が住んでいます。善玉菌は皮脂や汗と結びつくことで、臭わない体になります。

しかし体を洗いすぎることで、皮脂や汗が消えて善玉菌の効力が下がってしまいます。一方悪玉菌は、石けんの洗い残しなどと結びつくことで体臭を発します。

そのため、体の皮脂や汗を過剰に洗い流すと、善玉菌が力を発揮出来なくなり、体に残った石けん分で悪玉菌だけが活発になってしまうのです。それが体臭の原因にもなります。

逆に余分な皮脂が分泌される

洗いすぎると肌は乾燥を防ごうと、皮膚は反射的に皮脂を分泌します。皮脂が多くなると、悪玉菌がその皮脂をエサとし、より繁殖するので、臭いの原因となります。

では、それらを防ぐために日々の生活でできる対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

それは…

  • 硬いナイロン性のボディタオル・ボディスポンジは避けて柔らかい素材のものを!
  • 石けんの洗い残しを防ぐために、シャワーでよく洗い流す
  • 洗浄力の強い「界面活性剤」の入ったボディソープは使わない(無添加石けんがオススメ!)

これらを心がけて実践することで、体臭を防ぎ、かつ体を清潔に保つことができます。さらに、これなら明日からでもすぐ実践できそうですよね。体臭に困っていたあなたも、これで汗ばむ季節を乗り越えられるはず!

保存

保存